« Schwarzschild | トップページ | Tokyo Joe »

木漏れ陽

 もう昨日になってしまいました。渋谷公会堂で終止符がうたれたLaputa。実際には駄目もとで申し込んだ前日の渋谷クワトロで堕ちたんですけどね、娘と二人、夜行バスで行って。何度かLIVE行ったけど、好きにはならなくて、そのうち娘が冷めてきて、逆に私がハマってしまいました。しかもギターさんに〜「木漏れ陽」はなにかのカップリングでしたっけ。もともとaki氏の歌詞は文法がハテナが多いようで、これもどうも衆道か、意味わからんし〜でも切ないバラードです。もう3年とか、無くすと惜しくなるもの、その価値に気づくもの、の典型かなあ。もちろん永遠なんて無いんだし、ただ彼らの残したものが存在するのみ。

|
|

« Schwarzschild | トップページ | Tokyo Joe »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Schwarzschild | トップページ | Tokyo Joe »