« コーヒーもう一杯 | トップページ | Diamond LIfe »

胸いっぱいの愛を

 新年一回目をどうしようかと考えて、日が経ってしまいましたが、なんとなく此れで。流行らしいピンクは愛の象徴、愛、あい、アイ〜それは〜ってベルばらではないですけど、愛がなくちゃね。懐かしいLed Zeppelin、はいつ聴いてもやっぱりカッコいいです。それにしても正月ドラマ、演出でこうも変わるかと。光秀はすごかった。史実はどうあれ、短い栄光と惨めな最後の対比が、悲劇の魅力と思ってたんですが、こうくるか〜と。現代の状況がことさらオブラートに包んだような表現を選ぶのでしょうか。吉良が毛氈の上で舞を舞いながら、炭置き小屋から出てきた時以来の衝撃です。フィクションだからどんな表現も良いんですけどね。(コウヅケノスケが書けません〜辞書は何処へ行った〜)あ「〜笛を吹く」も、大好きな横溝作品にこの脚本で、こうくるか〜って。しかし全く原作読んでない娘にキャラクターや筋を説明するのは大変でした。オドロオドロしいけど、読み易いし読後感も良いので、読んでみてくれればいいんですけど。今でもあの文庫本の表紙のイラストは使われてるんですね。それほどインパクトのあった絵でした。
 バックをお正月に変えてみました。七草も過ぎた〜もっと早くしないと。

|
|

« コーヒーもう一杯 | トップページ | Diamond LIfe »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーヒーもう一杯 | トップページ | Diamond LIfe »