« 深海と僕と君の体温 | トップページ | ミンナノウタ »

this day,this rain.

 5月23日、deadman、LastLive、平日にもかかわらず、なんとか許可をとって、行って参りました。約3時間半、40曲?サンキューで39曲だったんでしょうか。もうスゴい体力、ついていくのも体力勝負でした。大阪ではclub vijonといい、OSAKA MUSEといい、小さい会場ばかりだったので、やや広い、SIBUYA-O-EAST(あれWESTだった?)セットというか、ライティングに、本編最後この曲だったと思います、暗い舞台に雪を降らせましたね。こういう演出も初めてで。う〜ん、演出が、眞呼様のパフォーマンスがすべてで、ギターaieさんもしゃべってくれるけど、あんまり煽ったりしない方なので、ものたりないか、いやピュアな、そのままのバンドのLIVEなのか。
 オバサン思考だけど、映画「天井桟敷の人々」みたいなレトロな町並みの夜景のセットとかで、眞呼様みたかったですね。そうゴッホのけっこう有名なパリのカフェの夜景とか、と果てしなく妄想は続きます。あ、でももっと暗いイメージかもしれません。deadmanですから。でもLastアルバム夜じゃなくて、昼間のパリを感じたんですよね〜円熟、というか、これが曲者です。円熟を感じてしまうと、アブナイです。ちなみにパリとかヨーロッパの旧い街って何年経っても変わらないから、私の思ってるイメージで間違いない、はずです。
 ちなみにvijonではやや明るめ、楽しい選曲でした。MUSEは中盤に聞かせる曲が並んで,また盛り上がって終わる。で、SHIBUYAは、全部、、、(^-^;Aしかし不思議に終わってしまった感が少ないです。どうしてだろう、またひょっこり眞呼様がLIVEしてくれそうな、そんな予感。期待とも言えそうですが。

|
|

« 深海と僕と君の体温 | トップページ | ミンナノウタ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深海と僕と君の体温 | トップページ | ミンナノウタ »