« morrow | トップページ | 桜と雨 »

死ぬのは奴らだ

 ここのところ、最近ものばかりでしたので、古いのを一つ。ポール・マッカートニー&ウイングス「007/死ぬのは奴らだ」
 アルバムは「ピアニストを撃つな」か「レッド・ローズ・スピードウェイ」だったか。なんでこれかというと、akiが去年のツアーで、オープニングに使ってくれてましたので、思い出しました。純粋にカッコいい、ポップでインパクトあります。上手い。
 当時の思い出として、次に出たシングルが「ワインカラーの少女」で、「レッティング・ゴー」(Letting Go?)がなんで、こうなるのか。苦肉か。最近の全部英語でわけわからんのも困るけど、邦題つけてくれてありがとう、だけど、やっぱり??なタイトルでした。

 時々聴く、古いカセットテープ。アナログよアナログ。でも良い曲いっぱいあったのでした。今もシンセサイザーというのでしょうか、電子音駆使したサウンドもいいけど、ふっと、アコギというか生の声、生のギターなんかが聴きたくなりました。

|
|

« morrow | トップページ | 桜と雨 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« morrow | トップページ | 桜と雨 »