硝子の肖像

もう10月も終わってしまいます。なんと、月日の経つのが早い。仕方がないとは言え、今は前向きにならなくちゃ、と。

ポジティブ!楽しいこと、美味しいもの、好きなもの。

|

秋風の狂詩曲

もう歳時記になっております。秋になれば、これですよ、しみじみ。

先日行ったLIVE、よかったけど、体力がいよいよ怪しくなってきました。悲しい。

|

WITH tha WIND

あと少しで、今日が終わってしまいますが、活休した日ですね。もう諦めも、実感しました。復活は無い、そっとしておいて、と。

K氏の消息だけが無いなあ(泣)仕方の無い事かと。

この世は泡沫、儚いもの、と。しみじみ想う今日この頃。

|

Marry of the blood

久々にD'espairsRay、カップリングを集めたCD聞いとります。ついにMDも、読み込みが怪しくなって、寿命かも。ウォークマンの方が音がいいので、それでもいいのだけど、どうしてもあの、ABC順はなんとかならないのだろうか、、、VELVET EDEN の2枚組が、1枚目と2枚目の曲が交互に出てくるという、あのもどかしさ、、、、それと、アルバムは、年代順に聞きたいのに〜〜またアナログ、カセットテープが恋しいのでした。

|

最初の一歩

ウェブページなるものを作成してみます。
はたして?

わからない。はたして必要なのか、でもややこしくなりました。何故に改悪するの?

 

|

新しい年と共に、解散発表されましたね。レンタル屋さんで借りて、好きになってCD買いました。


バンドとして好きにはならなかったけど、ベタなと言われるけど、キャッチーな詩と曲、やっぱり切なくなる良い曲であります。

|

桜と雨

知らない間に、ココログがリニューアルしてまして、なんとも使い難い。使い方がわからない〜改善なのか改悪なのか、使う人見てほしいものです。
大阪はまだ寒い。場所によっては結構開花してますが、後一輪とか。やれやれ。

|

lost graduation

季節モノ、しばらく聴いていませんね〜でも名曲というか、感動ものです。

流石に還暦すぎると、思い出の彼方で、記憶も定かではない。

発表された当時、よくお世話になってたV系CDショップの破産閉鎖ニュースを聴いて、時代も変わると。

諸行無常。

|

Killer Queen

 あの映画がこんなにヒットするなんて、思いもよらなかったです。タイミングが合わなくてまだ見ていませんが。日本人てどこかあのバンドが好きなんですね。高校時代、ハマりましたとも、2度目の来日から二回くらい。でも初期がいいのだ〜

|

White Queen (As It Began)

 ロックの貴公子としてのQueenでは、Ⅱ(セカンド)が極上のゴシックで、イチオシです。
 一生懸命、英訳して、意味を追ったのが懐かしい。歌詞も英訳されて楽しんでるのはやはり女性向けだったかな。歌詞に出てくる柳の歌は「オセロー」の中でデズデモーナが歌う歌、なんちゃって(英語は上手くなりませんでしたが)
 「The Fairy Feller's Master-Stroke」も、ロンドン・テイトギャラリーにあるリチャード・ダッドの絵からフレディが作ったとか。意外に小さい絵でしたね。絵の具が盛り上げられてて3Dのようでした。

|

«フェアリー・フェラーズの神技